タイヤ 手組み (ホイール・タイヤ バラシ編)

実家の軽自動車用スタッドレスタイヤに鉄ホイールを購入したら、ブレーキキャリパーと干渉して使えない!との連絡があり・・・組んだばかりだったけど、急遽アップガレージで安かったちょっと傷のあるデイズ純正ホイールを購入し、交換することにしました。

ただ、この純正ホイールにも夏タイヤがついたままだったので、外す必要があります。
工賃を少しでも節約したいので・・・手で外してみることにしました。(実は趣味)

まずは、エアバルブの虫を外し、エアを抜きます。

完全にエアが抜けきったら、ホイールからタイヤのビードを落とします。

ここで特殊工具が必要です。

 全周、裏表両方のビードを落とします。

ビードが落ちたら、タイヤを外します。タイヤレバーは最低2本必要です。
グリップ付きが手組では使いやすいと思います。
リムプロテクターを使い、ホイールを傷から守ります。

タイヤレバーを置くまで差し込み、クイッっとホイール上面に持ち上げます。

この際、タイヤのレバーと反対側から90°くらいの間はホイールのクビレた部分へビードが入るように意識すると失敗しません、
 

ちょっとずつ、2本目のタイヤレバーでタイヤをめくっていきます。
一気にやろうとするとビードを切ったりするので、欲をかかないのがコツです(笑)

表面ビードがホイールから外れました。

ここからが難しい、裏側のビードの作業です。

リムプロテクターを再度取付け、タイヤレバーでめくります。
ここからはホイールを裏返して作業が楽です。

2本目のタイヤレバーは「ちょっとだけとなり」をめくってあげます。

1本目のレバーに力を掛けておくと、ビードが戻ってきません。

次も、ビードとホイールの隙間にタイヤレバーを刺すようにしてめくります。動画も参照ください。

この作業を繰り返していくと、ホイールとタイヤが分離できます。
無理に力を掛けたりすると、ビードが切れたりホイールに傷が入ったりするので、注意が必要です。