ルームエアコン シロッコ ファン清掃

こちらのページでは、ブラシを使った方法をご紹介しております。

スチームクリーナーでの清掃も実施しました。
↑初期投資(4000円程度)は必要ですが、フィンに付いた臭いも、ファンのホコリも取れ非常に効果的に感じました。

関連記事

「くうきれい」で家庭用ルームエアコン DIY 徹底洗浄!
今年も暑い日が出てきました。 ということで、今年もエアコンを使う前に自分で嫌なにおいやカビを洗浄して取り除いておこうと思います。 昨シーズンまでは、注ぎ口あらいというブラシを使用し、細かくブラッシ...

ブラシでの清掃方法は、引き続きご覧ください。

ルームエアコンで気になる汚れ。
それはファンについた細かいホコリ。

フィルタは洗えば良い。フィン部も洗浄スプレーが市販されている。
ただ,ファン部が非常に洗いにくい。
しかもホコリが絡まり,水分が付着してカビが生えやすい場所。
エアコン起動初期のにおいはファンが原因なことが多い。らしい。

・・・というわけで,いつも行っているファンの清掃方法をご紹介。
過去,ハブラシやマイクロファイバーウェスで頑張ってもきれいにならなく困ったが,
いろいろ試してみて一番効果的できれいになった方法を紹介!

使うもの
・キッチン用注ぎ口洗いブラシ

・あったら便利!
掃除機

万が一ファンが動き出し故障や怪我があるといけないので,
事前にコンセントは抜いておくと良い。

清掃方法は簡単。

手間だが,1本1本ブラシを挿しこみ擦る。
このとき家族に手伝ってもらうかうまいことノズル固定して,近くで掃除機に吸ってもらうと
取れたホコリが部屋に舞いにくい。

ファンの羽にRがあり,タオルやハブラシだとRの内側に届きにくい。
だが,注ぎ口洗いブラシを使えば,きれいになる。
上で紹介の注ぎ口洗いはサイズの違う物がそろっている。
ファンの羽と羽の間は不均一であり,隙間に有ったものを使うと効率よく作業できる。

注ぎ口洗いでの清掃後の画像

左が清掃前 / 右が清掃後。
いかがでしょうか?
ホコリがきれいに取れていると思いませんか。


↑マイクロファイバークロスを割り箸や竹串で押し込んでみたが
うまく清掃できなかった。

清掃をプロに頼むのも一つの方法です。
案外安いですよ。複数業者一括見積もりは以下のリンクから。
↓↓↓↓↓